• ホーム
  • 非喫煙者を優遇する医療保険

非喫煙者を優遇する医療保険

2019年06月04日
患者と説明している医者

タバコは現在、世界的に有害なものとして認められるようになりました。
嗜好品としての存在が否定されたわけではありませんが、かつての社会と現代の社会では、喫煙に対しての考え方が根底から違うということは誰もがわかることです。
さまざまな飲食店や公共スペースは禁煙とされるようになり、また禁煙外来などで禁煙を勧めるということも全国で行われるようになりました。
そしてこうした喫煙者に対する扱いは、医療保険という場所でも同じようになっているのです。
どのような医療保険でも扱いに差が出るわけではありませんが、医療保険の料金に喫煙者区分と非喫煙者区分を設けることで非喫煙者を優遇するというような措置はさまざまな業者で行われることとなっています。
これはタバコが嫌いだからというような理由では無く、国際的に広がっている「喫煙者は非喫煙者に比べてさまざまな病気を発症するリスクが高い」ということが論拠になっています。
医療保険加入者が保険を必要とした時、支払われる保険金は他の保険加入者が支払った保険料で賄われているわけですから、健康的な生活をしている人と不健康な生活をしている人の負担が同額であるということは、確かに平等であるとは言えません。
海外などでは非喫煙者をそもそも保険に加入させないというような物も見られるようになりました。
喫煙者と非喫煙者の負担が同じであっても、実際に保険金が支払われるケースとしては喫煙者の方が多くなるのですから、喫煙者に多くの負担を求めるということは自然な流れなのです。
月々当たりで見れば数百円から数千円の差が出ることが多いのですが、この保険料の差も禁煙を考えるということで言えば動機の一つとなると考えて良いでしょう。

関連記事
医療的にも有酸素運動はイライラを解消してくれます

医療的にも運動をすることは、体質を変えることになり、良い効果をもたらします。有酸素運動を行うことは、規則的な呼吸を一定時間繰返すことになるので、心肺を強くし、体内の血液の循環を良くします。運動中は血液が体内を通常よりも多く駆け巡るので、血液の量も増え、貧血なども有酸素運動を繰返すことにより、緩和され

2019年08月31日
健康コーポレーションの商品で生理前の肌不調を改善

普段からお肌の手入れを心がけていない女性は、ほとんど居ないと思われます。同時に、綺麗なお肌を保つ為に食事などにも気を使う。もちろん、大人の女性なら誰しも気をつけている事です。しかし、どうしても避けて通れないのが生理前の体調不良。PMS(月経前症候群)と言われる物でしょう、体調だけでなく精神面にも影響

2019年08月05日
費用の安い全国健康保険協会とソニー生命の医療保険

病気になると、入院費用や治療費が多くかかります。病院では高度な技術を持って健康な状態へ導いてくれますが、その費用は莫大で、数十万円、数百万円もかかることがざらな世界です。これでは多くの人が治療を受けられなくなるため、公的な保険制度が日本には存在しています。全国健康保険協会という組織がありますが、これ

2019年07月17日
激しいスイミングをする様な甲状腺癌と医療機関の治療

甲状腺の機能は、全身の細胞や臓器に働きかけます。そして、この甲状腺の働きが代謝などの機能をはじめ、身体の様々な機能を上手く維持していることが知られています。甲状腺で分泌されるホルモンは代謝の機能に加え、心臓の鼓動や呼吸など、身体に不可欠な機能をコントロールしているのです。この重要な機能を担う場所に異

2019年06月21日
医療保険に入れない持病

民間の医療保険には、持病であったりあるいは医療機関で何らかの病気の告知を受けて、手術などをしたことがある場合には、加入できないものが存在します。特に高額な保険金が支払われるものには、加入できないものが多く存在する状況です。民間の医療保険加入希望申し込み時には、必ず持病の記載する欄や今までに手術をした

2019年05月25日